クォーターパネル加工不要⁉︎GR86BRZに装着できる18インチ×9J

クォーターパネル加工不要⁉︎GR86BRZに装着できる18インチ×9J

2022年2月21日 0 投稿者: AGENT Okayama

リヤインナーを加工せずにサーキットで全開走行が可能に

結論:ADVAN Racing GT BEYONDに追加サイズが発売されましたので、デモカーに採用しました。以下、理由と注意事項を説明していきます。

岡山国際サーキットをホームコースとしている私としては255サイズ以上のタイヤ装着が必須になります。265を装着したいところですが、加工が必要となるので今はグッと我慢します。

今回、タイムアタックに向けて255/35R18ポテンザ71RSを装着したのでクリアランスチェックしました。確認したところかなりギリギリでしたが、ガーニッシュをかわしました。

※過去ブログで紹介した通り、フェンダーガーニッシュを約2mm削っています。

現状でも干渉していませんがリヤバンパーとガーニッシュのラインが一緒になるくらい(あと1mm)くらい削れば、更に安心出来そうです。

255/35R18タイヤを装着する適正ホイール幅は9J。ZN6で愛用しているホイールは18×9Jでインセットは+42市販されているほとんどメーカーのラインナップはこのインセットになります。

過去のブログでも紹介した通り、リヤのインナーが干渉する問題で車高を下げて+42のホイールで255/35R18を装着するのは街乗りが限界でした。

もちろんインナー加工やアーム交換、引っ張りタイヤにすれば問題なく装着可能です。※あくまでも無加工でタイムアタックを前提としています。

2022年1月の時点で純正アームでインナー加工せずに車高を下げて全開走行が出来る市販ホイールは存在しませんでした。

東京オートサロン2022で出展されていた全てのGR86BRZを確認しましたが、1台を除きこの問題を解決している車両はありませんでした。

唯一、問題を解決していた車両がこちら

HKSのスーパーチャージャー号

装着されていたのは

ADVAN Racing GT BEYOND

ADVAN Racing GTが登場以来、初めてメスが入ったマイナーチェンジバージョン。

ヨコハマホイール
https://yokohamawheel.jp/news/2022/0128/

2022/1.28発売でPCD100で18×9J+51のサイズが追加となりました。まさにGR86BRZ専用サイズなのです。

デモカーGR86のリヤクォーター問題を解決するホイールで決定です。

カラーバリエーションは4種類でMHB(マシニングハイパーブラック)を選択しました。

リヤは良いが、フロントは⁉︎

このサイズでフロントに255は流石に内側が干渉します。インセット+42に5mmスペーサーでギリギリなので流石に無理です。8mmのスペーサーでも全切りすると当たるので、余裕を持った操作が必要です。

先代の86BRZでは前後通しのホイールが主流でしたが、現行モデルは前後インセット違いが良さそうです。

スポーツカーのホイールはリヤの方が外に出すのが定番なのですが、、、GR86BRZは基準外。

今後、ショップオリジナルなどで9Jで255、9.5Jで265というラインナップが続々と登場しそうですね。

エージェントのGR86は3月中旬に岡山国際サーキットデビュー予定。全開アタックがとても楽しみです。

↓↓↓アドバンレーシングGTビヨンド↓↓↓

https://yokohamawheel.jp/news/2022/0128/

+1