70スープラの音響カスタマイズ。メインユニットとスピーカー交換。小型アンプ追加とスピーカーケーブル交換。

70スープラの音響カスタマイズ。メインユニットとスピーカー交換。小型アンプ追加とスピーカーケーブル交換。

2022年2月11日 0 投稿者: AGENT Okayama

今回はトヨタディーラーから70スープラの音響カスタムの依頼がありましたので、記録しておきます。

スープラ(GA70H)1992年モデル

30年前のクルマですが、とても大切に乗られていてオーナーの愛情が伝わってきます。

リトラクタブルヘッドライトから時代を感じます。実は私自身RX7(FC3S)を7台乗り継いだ大のリトラ好き。ライトが閉じている時も上がった時もカッコいいです。

旧車と呼ぶにはまだまだ若い車両ですが、オーディオが故障して電源が入らなくなってしまい、無音の状態が長く続いていたそうです。

ドライブを快適にする為にカーオーディオを一新

これからも長く付き合っていきたいというオーナーの思いからメインユニットと前後スピーカーを取り替えます。

折角なのでスピーカーケーブルは車両の物を使うのではなく、新たに引き直す事にして同時に小型パワーアンプ取り付けとなりました。

内張りやパネル類の取り外しで破損しないように、慎重に作業していきます。

まずはフロントから

破損する事なく無事に作業完了しました。

今回は防振作業(デッドニング)はありませんし、コストを抑えるためにバッフルは作成せず、純正パーツを使用していきます。

ハイレゾ対応の17cmセパレートスピーカーTS-V173S

フロントはセパレートスピーカーなので、ツイーターはダッシュ上に設置しました。

運転席と助手席でダッシュボードの取付け位置の角度が異なりますので、それぞれ適した角度に調整が必要です。

小型アンプは助手席のシートの下に取り付けました。小型アンプならではの取り付け方法です。

今回は前後スピーカーを鳴らすので、4チャンネルで使用しました。

小型アンプは出力調整が出来ないので音の確認をしたところ、特有の高音が出過ぎる感じがしたのでネットワークは−3dBへ調整しました。

続いてリヤ側。

内装を取り外すとレーシングカーの様になります。

スピーカー交換だけの場合は、ここまでする必要はありませんが、スピーカーケーブルも引き直しなのでシートも取り外してバラバラになりました。

リヤスピーカーはボックスになっています。12cmスピーカーが装着されていますが、お客様指定のカロッツェリアのラインナップには10cmと13cmしかありません。

10cmデュアルコーンスピーカーTS-G1010F

13cmスピーカーを装着するには専用のバッフルが必要になるので、今回は小加工で取り付け可能な10cmコアキシャルスピーカーを選択しました。

そのまま取り付けると隙間が出来てしまい折角のスピーカーBOXが機能しませんので、純正スピーカーのブラケットを加工して隙間を無くします。

BOXに付着していたボロボロになったスポンジは、キレイに清掃してからスピーカーを取り付けました。

いい感じに取り付ける事が出来ました。

スピーカーケーブルはオスカーインターナショナルから販売されているEV0-F125をフロントに使用。リヤにはEV0-F075を使用しました。

オスカーインターナショナルのスピーカーケーブル
メインユニットはFH-8500DVS

こちらのユニットはスマートフォンとケーブルをつなぐだけで、「ナビを使う」「電話をかける」「メッセージの送受信」「音楽を聴く」といった普段していることを、車室内でも手軽に行うことができます。サブウーファーの出力やバックカメラにも対応している優れものです。

基本的な音調整が完了したので、あとはメインユニットでオーナー好みの音質に調整して頂きます。

音響がカスタマイズされた愛車でのドライブは、とても楽しい時間を過ごせる事でしょう。

新品スピーカーの硬い音はエージングが終わると、柔らかい音質に変化します。

次回は更なる音質向上の防振作業(デッドニング)や音色調整でのご入庫をお待ちしております。

※今回使用した商品はプライベーターの為に楽天での商品リンクを貼っておきます。

カロッツェリア(パイオニア) カーオーディオ AppleCarPlay AndroidAuto対応 2DIN CD/DVD/USB/Bluetooth FH-8500DVS

TS-V173S カロッツェリア 車載用17cm2wayセパレート 高級カスタムフィットスピーカー

TS-G1010F パイオニア 10cmダブルコーン型埋め込み型スピーカー(グリル付き)


0