レリーズベアリング破損で走行不能に

レリーズベアリング破損で走行不能に

2021年5月7日 0 投稿者: AGENT Okayama

レリーズベアリングから異音が発生するのは86BRZのトラブルとしては定番ですが

そのまま乗り続けるとベアリングが破損しクラッチが切れなくなったり、滑りが発生して最悪走行不能に陥りますので異変を感じたら早めの修理が必要です。

今回お預かりした車両は、自走する事が出来ずレッカー搬送のでのご入庫です。

分解してみるとベアリングが完全に破損してレリーズフォークも変形していました。

どうせクラッチ交換するなら強化クラッチにしたい!

という事で、お客様が選択されたのは

Ogura Racing Clutch ORC-309-SE

プレッシャープレートにクッショニング機構を
採用することで、半クラッチ領域を大幅に拡大
されています。

強化クラッチ特有の乗りにくさを解消し、
スムーズな半クラッチが可能となります。

セットのフライホイールに純正のパイロットベアリングを取付け、レリーズフォークも新品に取替え

トランスミッションを復元したら完成。

強化メタルクラッチ特有の「突然繋がる」という扱いにくさはSE機構によって緩和されていますが、

油断するとエンストです。

純正クラッチと比べるとダイレクトにクラッチが繋がるので、シフトチェンジが楽しくなります。

強化クラッチを経験すると純正クラッチには戻れないかもしれません(^^)

↓↓↓Ogura Racing Clutch↓↓↓

http://www.ogura-racing.com/carsearch_list.php

0